マイホーム・築5年以上の戸建てマイホームの持ち主

もしくは

・マンションやビルや工場1棟のオーナー(1室はNG)

を探すだけで約3万円~60万円と報酬単価の大きい稼げる案件です。

長文となりますが、重要ですのでぜひ最後までお読みください。

あなたや家族がマイホームをお持ちの場合

マイホーム所有者を探す前に、まずあなた自身やあなたの家族が持ち家を所有していませんか?

その場合、あなたも数十万円~数百万円の給付金(正確にはお見舞金)を受け取れる可能性があります。

信用などを一切傷つけず、当然ながら法に触れることなどもありません。

むしろ本来受け取れる正当なお金なのです。

調査費は無料ですので、ぜひ一度こちらを見てご検討ください。

火災保険に入っていますか?

火災が起きた家

火災保険は加入している方が多いのに、使わない方がほとんど。

なぜなら火災という名称から、火事が起きた時にしか保険が下りないと思っているからです。

しかし実は台風や雨・雪・風などの影響による損傷でも、保険が下りる可能性が高いのです。

多くの家は、屋根や壁や雨どいなど、様々な箇所が損傷している事が多いです。

しかしそれに気づかず損傷個所をほったらかしのままか、自費で修理してしまう人がほとんどなのです。

でも実はこのような損傷は火災保険が適用されるケースも多いのです。

素人だと申請は難しい・・・

しかし保険会社もなるべく保険金を出したくありません。

素人が申請した場合、その損傷個所と自然災害との因果関係の立証、修繕費用の見積もりなどが難しく、断られることがほとんど・・・。

そこでプロの調査会社が屋根にまで上って、見えなかった損傷個所までくまなく探して原因を究明し、足場などを組んだと想定した最大限の見積もりを作成してくれます。

調査会社の費用は?

この調査会社の費用ですが、調査自体は完全無料です。

もし給付金が下りなかった場合、1円も費用は掛かりません。

給付金が保険会社から下りた場合のみ、その給付額の40%+消費税のサポート費用を支払います。

この額を高いと思われる方もいらっしゃいますが、最大限で高額な申請を通してくれるので、サポート費用を払ったとしても、ご自身での申請はもちろん、他のリフォーム会社などに頼んだ場合に下りる金額よりも、多く受け取ることが多いのです。

私の身の回りでも、ある会社が申請したら1円も下りなかったのに、当会の担当調査会社が申請し直したら200万円が下りたというような方が続出しています。

調査会社の腕次第で、申請が通るかどうかはもちろん、金額も大きく左右されるのです。

どんな人に声をかければいい?

誰に声を掛ければいいの?

・築5年以上の戸建ての家を持っている方。

・マンションやビル、工場などの建物1棟の所有者(1部屋のオーナーは不可)。

どちらも火災保険(自然災害特約付き)に加入している方に限りますが、多くの方が加入しています。

築5年未満であっても、明らかな台風などによる屋根などの損傷、雨漏りなどあれば申請はできます。

またマンション1棟やビルなどは建物が大きい分、見積額も莫大となり1000万円以上のお見舞金が下りることもあります。

対象者は3800万人?

日本の総住宅数は6240万7千戸。そのうち持ち家率は約61%です。

つまり3800万戸もの持ち家があるのです。

犬も歩けば家に当たるというほど、外に出れば家は数えきれないくらい建っていますよね?

声を掛ける対象者は数えきれないほどいるお仕事なのです。

そしてきちんと話が伝われば70%の人が申請してくれる案件なのです。

私の知り合いで、自分で調査や申請までやっている方は、このサポートだけで年間数億円の収入を得ています。

リスク0でメリットしかない話

メリットしかない

実はこの話は戸建ての持ち主やマンション、ビルのオーナーにとって、リスクは一切なく、メリットしかないのです。

ほとんどの方が生涯使うことなく、莫大な金額を払い続けている火災保険。

少しでもそのお金が返ってきたら嬉しいはずです。

保険に傷がつかない

車の自動車保険をイメージして、「使うと等級が下がって、次回から保険金が高くなるんでしょ?」と思っている方がいます。

しかし火災保険は何回使っても、等級などないため金額がそのせいで上がる事はなく、信用に傷がつくこともありません

ですので、申請してみて損することはないのです。

申請が通らなかったら費用0円

万が一お見舞金が下りなかった場合、掛かる費用は0円です。

調査会社への支払いは、お見舞金が下りた場合のみ発生する完全成果報酬型です。

ですので試しに調査してみても、何も損やリスクはないのです。

遅すぎると給付金がもらえない・・・

ご自身で気づかれていない破損個所などは、3 年を過ぎてしまうと「経年劣化」とみなされてしまいます。

申請をしなければ保険金がおりないまま家が傷んでしまいます。

気づいてから自費で修繕するとお金もかかってしまうため早めの診断をお勧めします。

このお仕事の報酬(コミッション)

100万円

・紹介した相手にお見舞金が下りた場合のみ、コミッションが発生します。

・コミッション額は下りたお見舞金の7%です。

100万円下りれば7万円、500万円下りれば35万円となります。

報酬のお支払いはお客様がサポート費用を支払い、こちらに入金があってからとなります。

もし、もっと多くの報酬が欲しい場合、費用は掛かりますが直接案件を扱うこともできますのでご相談ください。

お申込みの流れ

①お申込みフォームからお申込み

下矢印

②数日以内に調査会社からお客様にお電話が入り現地調査日の日程調整

下矢印

③現地調査及び火災保険申請サポートの本契約

下矢印

⑤被災箇所が発見された際には、保険会社へ被災状況の報告及び保険金の請求

下矢印

⑥保険金が保険契約者におりましたら、申請サポート費用を調査会社にお支払い

よくあるQ&A

女性

申し込んでからどの位時間はかかるの?

先生

早ければ調査までに1週間前後でお伺いできますが、お住まいの地域や調査の依頼件数によっては調査までに1~2か月かかってしまう場合もございます。

実績の高い人気の調査会社に依頼をしているためご理解ください。

調査・申請の後は保険会社が実際に現地確認に来て1~2週間で保険金が下りる場合が多いです。

女性

火災保険って使うと保険料があがるの?

先生

保険の申請をする事で、今後保険料があがるという事は一切ありません。 
また、申請の制限も無い為、契約期間内に何度申請していただいても問題ございません。

女性

サポートって、どこまでサポートしてくれるの?

先生

申請に詳しい専門家が、ご自身では見つけることが難しい災害の確認、立証をさせていただき、見積書作成、写真撮影など、保険会社へ申請する際に必要な書類をすべて作成します。

女性

保険が下りなかった場合はどうなるの?

先生

損害がなかった場合は保険金もおりませんが、費用は一切発生しません。

トークマニュアル

この案件はマイホームを持っている方やその家族が対象ですので、まずそこで振るいに掛けます。

例:マイホームをお持ちの方は、気づかない家の損傷があれば給付金を数十万円~数百万円受け取れる可能性があります。 詳しくはご連絡ください。

例えばこのような情報を投げ、反応があったら

例:火災保険で家の損傷などに対してお見舞金がでます。聞いたことはありますか?

①聞いたことがない場合

聞いたことがない場合、きちんと伝われば申請してもらえる可能性も高いです。

できればLINE電話などで直接話して説明した方がクロージング率は上がります。

難しい場合はLINEなどで、話してみてください。

どちらの場合でも必ず資料を送って読んでもらいましょう。

・火災保険は火事だけでなく台風などによる屋根や壁の損傷にも下りる可能性が高い。
・築5年以上の家にはどこかしら損傷が見つかる場合が多い。
・下りた額の44%の費用がかかるが、下りなければ0円で調査だけ試しに出来る。

などという内容を中心にして、調査申込みに誘導してみてください。

②聞いたことがある場合

過去に申請して給付金を受け取ったことがある場合でも、そこから3年以上たっていれば、再度申請できる可能性があります。

また、過去に申請したけど通らなかったという場合でも、当会の担当調査会社が申請し直したら200万円下りたという話も多数あります。

調査会社によっては「お金が下りなくても調査費用は掛かる」というところもあり、リスクなので辞めたという方もいらっしゃいます。

当会では調査費用は一切無料です。

まずは、どのような状況か聞き出してから、何を話すべきか考えていきましょう。

営業用の資料

こちらをご自身で読んで勉強したり、相手に渡す営業用飼料としてお役立てください。

マンガ

火災保険申請サポートチラシ

営業資料

またこちらのサイトを見てもらうと非常に分かりやすいと思います。

火災保険申請サポートサイト

URLは

http://lp.onesbest-lounge.com/kasaihoken/?id=002970

申込方法

お申し込みは先ほどのサイトの中にある「お申込はコチラ」からお申込み頂くか、下記のフォームからできます。

火災保険申請サポートお申込みフォーム

URLは

https://www.secure-cloud.jp/sf/business/1533879603xaIyWshL

申し込みには保険証の写真や、家の外観写真が必要となります。

その旨もお伝えください。

お客様が記入する内容を把握するためにも、一度上記のフォームを開いて確認しておきましょう。

相手が申し込みをしてくれるか不安な時は・・・

人によっては面倒くさがって、すんなり申し込みをしない場合があります。

その場合は上記フォームの記入事項を相手に聞き、保険証の写真と家の外観写真を送ってもらって、代わりに申し込みをした方が良いでしょう。

その際きちんと「こちらで申し込みをしておきます。」という旨を伝え、「数日以内に担当者から電話があるので出てください」という事をお伝えください。

調査会社が電話しても「そんな話聞いてない!」という事になると、調査会社に迷惑が掛かりますのでご注意お願いします。

申込後は必ずご一報を!

申し込みが終わったことをお客様に確認できたら、LINEにてご一報ください。

LINEはコチラ

あなたのお名前と、お客様のお名前を記入の上、火災保険の申し込みをいつしましたなどと連絡してもらえればOKです。

この連絡がないとどなたの紹介か分からず、報酬をお渡しすることができない可能性があるので、よろしくお願いいたします。

ご不明点や質問などお気軽にLINEでご連絡ください。お問合せバナー